“The path worth exploring is not always the clearest.”

成功について
<スポンサーリンク>

The path worth exploring is not always the clearest.

Unknown




「探検すべき道は、いつも澄み切っていてハッキリ見える道だとは限らない」




暗中模索しながら前へ前へと進む道。




どこに向かっているのか分からない。




もう戻れないし、戻らない。




だから、前へ前へと進んでいく。




霧がかかっていて先が見えない不安。




それでも、その霧の先には、自分の思い描く眩い世界が広がっている。




そう信じこむことが前へと進む原動力となる。




こっちの道で合っているのかなんて分からない。




でも、行くべき道というものは、いつもゴールが真っすぐ先に見える澄み切った道とは限らない。

いつの日か、この霧を切り抜け振り返ったときに、今まで歩んできた道のりを見て、自分を誇りに思い、自分を驚かせる。




目の前にゴールが見えなくてもいい。




どんな状況にあったって、やることは分かっている。




自分に課した課題をやる続けるだけ。




ただただひたすらに。




ときどき、霧が晴れるときには、ちょっと先を見通してみる。




自分が歩んでいる道は正しいのだと再確認し、足取りが軽くなる。




そうやって自分を励ましながら、私はこの霧のかかった道を歩む。




今日も明日も、明後日も。




いつもコメントありがとうございます♡

タイトルとURLをコピーしました