“Success is about choosing between what you want now or what you want most.”

Rachel Hollis
<スポンサーリンク>

「成功とは、いま欲しいものか、それとも、一番欲しいものか、のどちらを選ぶかで決まる」

私たちの毎日は、選択の繰り返し。



例えば、目覚まし時計が鳴って、その瞬間に「起きる」のか、「起きない」のか。
起き上がって、シャワーを「浴びる」のか「浴びない」のか。
朝ごはんを「食べる」のか、「食べない」のか。


そして、自分に課した課題も「やる」のか「やらない」のか。


そこで、「やらない」を選択したとしたら、その理由は何だろう?


疲れているから?
それとも、時間がないから?



「やらない」選択をしたことが、まさか自分の夢の実現に影響あるわけないだろうと思うかもしれないけれど、成功者曰く、あるのだという。



「やらない」選択をするということは、「夢の実現」という「一番欲しいもの」ではなく、「休息」という「いま欲しいもの」を選んだということ。



自分に課した課題を徹底的にやり抜く人は、「いま欲しいもの」ではなく、常に、「一番欲しいもの」に焦点を当てていて、そこから目を離すことがない。


一瞬の幸福ではなく、夢の実現こそが、彼らの生きる理由であり、生きる価値。



一瞬の幸福などには目もくれず、夢の実現へ向かって走り抜けていく。



今日から、疲れていて少し休みたいと思ったとき、自分に問いかけることにする。



いまここで「いま欲しい」休息を選ぶのか、それとも、「一番欲しい」夢の実現へのもう一歩を選ぶのか。



そして、自分に言い聞かせる。



その選択こそが、成功するのか、しないのかの分かれ道であることを。

Success is about choosing between what you want now or what you want most.

Rachel Hollis

リンカーンの名言にも、ありますね。

Discipline is choosing between what you want now and what you want most.

Abraham Lincoln


いつもコメントありがとうございます♡

タイトルとURLをコピーしました